2009年9月27日日曜日

パナソニックのホームベーカリー(Panasonic Bread Bakery)

SD-BT100
13年間ほぼ毎日使い続けていたホームベーカリーが壊れました。

モーターが壊れたらしく、投入した材料が混ざらなくなりました。急遽、新しいホームベーカリーを購入することになり探したところ、型落ちのSD-BH102がアマゾンで11,992円で売っていたので、即購入しました。

新旧機種の違いは以下の通りです。

(1)強力粉の投入量が新機種の方が30g少ない

旧機種(SD-BT100)は280gでしたが新機種(SD-BH102)は250gです。1斤がちょっと小さくなりました。

(2)早焼きコース(2時間)が追加された

早焼きでもけっこういけます。旧機種では最短で4時間で、冷めた後に味がかなり落ちました。時間がある場合はソフト食パンコース(5時間)がおすすめです。

(3)食パン以外のコースがたくさん追加された

新機種には全粒粉コースやメロン食パンコース、天然酵母コースなどが追加されていました。でも、旧機種でも全粒粉で作れるし、メロン食パンはクッキー部分を別に作らなければなりません。天然酵母パンは作ってみたいです。

(3)レーズン投入口ができた

旧機種にはありませんでした。旧機種で途中でレーズンを手で入れると、パン全体がレーズン色になりました(でもおいしいです)。

(5)筐体が小さくなった

スリムになりました。新聞社のKPR(漢字プリンタ)のような形は以前と変わりませんが、少し丸みが増しました。

(6)取っ手が付いた

会社や学校へ持って行きやすくなりました。


SD-BT100旧機種のパネル

SD-BH102新機種(型落ち)。早焼きで焼いてみてます

SD-BH102新機種(型落ち)

a dog焼き上がりを待つ犬

2009年9月20日日曜日

草木湖一周マラソン2009(群馬県みどり市-Lake Kusakiko road race)

前半10km過ぎ
前半10km過ぎまではアップダウンの連続するいいコースです。後半は、車線規制のない(国道なので規制できない)国道122号の左端を淡々と走ります。

コースの前半はジェットコースターのようなコースです。幅1.5車線で、アップダウンとカーブが連続します。かなり急な下り坂があり、スピードを抑えるのに苦労しました。高低差150mと言っていましたが、そんなでもないような気がしました。後半は国道なので、アップダウンはゆるやかです。

車線規制は、前半の県道ではやっているのかどうかよくわかりませんでしたが、ほとんど車は見ませんでした。たまに、迷って入り込んできてしまったような車を見ました。後半の国道122号線は車びゅんびゅんです。

気温は26℃で快晴でした。日差しが強く、けっこう暑かったです。コースには木陰があり、木陰はひんやりしていました。標高は500mくらいです。会場で飲んだペットボトルは少しへこんでいました。

距離表示は5kmごと+中間点+残り3kmから1kmごとでした。アップダウンのあるコースは1kmごとのラップタイムはあまり意味がないので、これでいいと思います。なお、距離は、高校生以上は19kmと12kmの2択です。19kmは、がんばって走っても最後に足が残ります。

給水所は4カ所、水だけです。ゴール後に、冷えたアクエリアスをもらえます。暑かったせいか、コースの途中の自販機で飲み物を買っている人がいました。

トイレはコースの途中に1カ所、それも後半残り3kmを切ったあたりです。会場内のトイレは、簡易トイレが1カ所、常設トイレが2カ所でした。少な目でしたが、足りていました。水道は会場内のところどころにありました。顔や手を洗えます。更衣室もあるようです。貴重品預かり所は確認し忘れましたが、プログラムには「各自で管理してください」とあるので、ない可能性大です。ここは電車でも来れるので、荷物と貴重品預かりがないと困りますよね。体育館に置き去りかもしれません。

ゼッケン(ナンバーカード)は胸用の1枚のみで、ゼッケンホック用の穴がありました。計測チップは残念なタイプ(靴紐に装着するタイプ)でした。参加賞は即乾タイプのTシャツでした。あと、ゼッケン番号で抽選会があります。私は面倒だったので見ないで帰ってしまいましたが。

シルバーウィーク2日目だったので、往きの東北道が6時半時点で渋滞していました。会場に着いたのが9時前くらいになり、駐車場は会場からいちばん遠いところになってしまいましたが、それでも会場から徒歩5分で、不便は感じませんでした。受付も、案内には9時までとありますが、9時を過ぎても全然大丈夫です(他の大会でも同様。大抵スタート直前までOKです)。なお、帰りの東北道は普通に流れていました。

今年のあかぎ大沼・白樺マラソンのTシャツを着た人がいました。

WILLCOMは圏外でした。


受付会場の体育館館内は土足禁止でした。開会式をやっていました。

体育館脇の簡易トイレピンクですが男女兼用でした。

小学生の部小学生の部のゴール

スタート直前スタート直前。10:40スタートでした。

10km過ぎわたらせ渓谷鉄道を2回横断します。沢入駅付近。

17km地点草木ダムの上の道。

一般の部ゴール一般男女の部ゴール

出店隣の野球場には食べ物屋が出ていました。

アメリカンコッカースパニエルアメリカンコッカースパニエル発見!!

ズームしたが顔は撮れず追跡しましたがアップ写真は撮れませんでした。近所の飼い犬のようです。

いちばん遠い駐車場いちばん遠い駐車場から受け付け会場まで徒歩5分でした。1BOXで受付会場まで送迎もしていました。

駐車場のトイレ駐車場内にトイレがありました。顔を洗えます。男子の大は1部屋。

草木ダム近影草木ダム

2009年9月13日日曜日

見沼代用水と綾瀬川の交叉(The Minuma Canal & The Ayase River in Saitama)

上流側から見た瓦葺調整堰
見沼代用水と綾瀬川は埼玉県上尾市瓦葺付近で交叉します。綾瀬川との交叉直後、見沼代用水は東縁と西縁に分岐します。

緑のヘルシーロードも、東縁と西縁に沿って分岐します。ヘルシーロードは、見沼代用水の下流に行くほど道幅が狭くなり、走りにくくなります。 緑のヘルシーロードは、蓮田から菖蒲がいちばん走りやすいです。


瓦葺調整堰近影綾瀬川手前にある瓦葺調整堰

綾瀬川をくぐった直後綾瀬川下の伏越から出てきたところ。左は西縁に、右は東縁に続きます。

東縁と西縁上が東縁、下が西縁です。

「瓦葺掛渡井の跡」昭和36年までは「掛渡井(かけとい)」という橋で交叉していました。煉瓦はその跡です。

左側にも掛渡井の跡綾瀬川上流方向。左側に掛渡井の跡の煉瓦があります。

見沼代用水東縁分岐直後の見沼代用水東縁

見沼代用水西縁見沼代用水西縁

東縁沿いの緑のヘルシーロード東縁沿いの緑のヘルシーロード。東北本線の歩行者専用踏切を渡ります。

名称不明の用水路見沼代用水ではありません。名称不明。

見沼代用水東縁の緑のヘルシーロード下流に行くほど道幅が狭くなり走りにくくなります。七里付近ではいったん消滅してまた復活します。

見沼代用水緑のヘルシーロードへ

2009年9月5日土曜日

黒沼用水と中島用水路(The kuroma & the nakajima irrigation canals in Saitama)

水と緑のふれあいロード白岡駅側入口
中島用水路は見沼代用水から取水している用水路です。中島用水路は久喜市で黒沼用水と笠原沼沼用水に分岐します。

用水路沿いには「水と緑のふれあいロード」という歩行者専用道路があります。見沼代用水の「緑のヘルシーロード」に比べると路面は悪いものの、菖蒲町で「緑のヘルシーロード」に合流するので、練習には欠かせない道です。

中島用水路についてはこちらに詳しく載っていました


水と緑のふれあいロード左側が黒沼用水です。

水と緑のふれあいロードこの道は花が多いんです。

水と緑のふれあいロード花重視で撮ってます。

東北新幹線をくぐる手前くらい左端に見えるのは東北新幹線です。

東北新幹線の下東北新幹線の下。夏祭りの太鼓の練習場にもなります。

水と緑のふれあいロード新幹線をくぐると道は用水路の反対側に変わります。

用水路の記念碑用水路の記念碑です。

隼人堀川との伏越隼人堀川との伏越(ふせこし)。黒沼用水が隼人堀側をくぐります。

隼人堀川隼人堀川

伏越の説明板伏越の説明。昔は橋で交叉していたようです。

伏越の上流側上流側からみた伏越

黒沼用水右側が黒沼用水です。

水と緑のふれあいロード振り返って撮りました。

さいたま栗橋線手前間もなくさいたま栗橋線

さいたま栗橋線さいたま栗橋線。信号があるので安全に渡れます。

エリアマップエリアマップ。所々にあります。

菖蒲町に入ったところこのへんは白岡町、久喜市、菖蒲町が接している所です。

白鷺しらさぎの群れ。

中島用水路から黒沼用水への分岐点前方が中島用水路、手前が笠原沼用水、左側が黒沼用水です。

中島用水路の分岐点左が黒沼用水、右が笠原沼用水の取水口です。

中島用水路中島用水路に入りました。このへんは雨が降ると泥だらけになります。

国道122号付近国道122号付近。工業団地の造成がほぼ完了しました。

中島用水路取水口近く取水口のそばまで来ました。

中島用水路取水口水と緑のヘルシーロードの起点です。

中島用水路取水堰取水堰の向こう側は見沼代用水です。

見沼代用水緑のヘルシーロードへ

隼人堀側と野通川(やどりがわ)の堰へ