2009年3月13日金曜日

ミズノのオーダーメイドランニングシューズ

自分にはWAVE RIDERの方があってます。作りもWAVE RIDERの方がしっかりしています。自分の足形に合っているので、足のどこかが靴にあたることがありませんが、作りが少々ちゃちなことと、ベルクロの影響で、練習中にまめができました。紐タイプにしたほうがよかったかもしれません。

本体19,000円+ネーム1,000円+消費税1,000円でした。ただし、これは1月までの価格で、2月から値上がりしています。1月末に注文して昨日届きました。サロマ用にベルクロタイプのシューズが欲しかったのが作った理由です。御茶ノ水のエスポートミズノで注文しました。

足のサイズを測り、アッパーの色とミズノラインの色、ソールの厚さ、紐かベルクロかを選んで作ります。サイズの刻みが0.25cmで、1Eもあり、左右違うサイズで作れるところが既製品にないメリットです。

ウェーブライダーと比べると、軽くて全体的に華奢(きゃしゃ)です。重さは26.75cm(1E)で245g、26.50cm(1E)で240gでした。かかと周辺の作りも、ウェーブライダーの方がしっかりしています。ウェーブライダーに入っているかかと周辺のクッションもありません。ソールはいちばん厚いものを選んだところ、1世代前のウェーブライダーのソールでした。最新のものはやわらかめなので、これはこれでOKです。

けっこう人気があるようで、青梅マラソンで履いている人を2人見ました。長野マラソンでも見ました。

結局サロマでは、WAVE RIDER 12の新品を履きました。練習で足を痛めたので、クッションを重視しました。途中で履き替えず、1足で走りました。

0 件のコメント: